サプリメント先進国であるアメリカ合衆国

サプリメント先進国であるアメリカ合衆国

サプリメント発症の地、アメリカ。

日本のサプリメント事情は、「アメリカはに20年遅れを取っている」と
言われているくらいアメリカのサプリメントは発達しています。

実際に、アメリカ人の不健康さは日本でも有名ですね。

1975年春に
「アメリカ人の不健康の原因のほとんどは、食生活の栄養不足にある」
という内容が詳細にまとめられた報告書が上院議会に提出されました。

このレポートは3,000名を越す科学者、生化学者、医者の協力を得て、
過去の臨床データ、栄養学的分析、医療報告を元にまとめられた、
5000頁にも及ぶ膨大なものでした。

それをキッカケに、栄養補助食品、つまりサプリメントが普及しました。

では、どうしてサプリメントが必要なんでしょうか。

私たちが普段口にしている野菜などの食物は、
農薬や土壌などのせい、

昔に比べ、栄養素そのものが少なくなっています。

それを長期的に食べ続けることで、
一部の栄養素が不足するのです。

それに比べて現代では、
ほとんどの人が深刻な程に食事が偏っています。

不規則な食生活で現代人の身体は栄養が足りていないのです。

そしてそれが話題になり、数年前に日本でサプリメントブームが巻き起こりました。

おかげで栄養素は補給できるようになったのですが、
次は添加物の摂りすぎが問題になりそうですね。